スタッフブログ

2011/3/21 月曜日

2011年 春分の日に寄せて

stargate_03211.jpg

このたび、被災された方々に心よりお見舞い申しあげます。一日も早い救援と復興をお祈りしております。また、命をかけて救援にあたっておられる方々のご無事を願うと共に、皆さまの苦しみや悲しみや不安が、少しでも和らぎますようお祈りしております。

今から66年ほど前、広島、長崎に投下された原爆の後、日本は焼け野原から復興しました。そして今、原発事故の後、荒廃した意識から再び立ち上がろうとしています。原子力を巡る惨事は、この日本が最初で、そして、この日本で最後にしたいものです。それが私たちの願いです。なぜなら、これは特定の地域だけではなく、時間も空間も超えた地球規模、太陽系規模のことだからです。

地球という惑星は、人間だけのものではありません。
海に住む生命もいれば、地中に住む生命、そして空を飛ぶ生命もいます。もしも、私たちに叡智があるのなら、人間の欲望や奢りによって、この惑星を生命が住めない星にしないようにしたいものです。

それには、私たち一人ひとりが謙虚になって、地球の声を聴きながら、地球と共に歩むことです。口に入れても安全なもの、土に還るもの、そして、地球や宇宙を汚さないことを優先的に取り組んでゆきましょう。

人と人の意識はつながっていて、一人の悲しみは人類全員の悲しみ、一人の苦しみは人類全体の苦しみです。苦しみや悲しみを分かち合い、そして、限られた資源を分け合いましょう。私たちのDNAには、有事の際の賢い切り抜け方が、しっかりと書き込まれているはずです。これを乗り越えた先にはきっと、新しい意識の地平が拡がっているはずです。

そして、地球には自己浄化作用があります。太陽に感謝を、月に感謝を、地球に感謝を捧げ、そして生きとし生けるものと共に歩んで行きましょう。生かされていることに感謝して、今、自分の目の前にあること、今、自分の足元にあること、今、自分にできることを淡々と行ってゆきましょう。そして、最善を尽くすことです。

私たちに今できることは、混沌とした世界のなかにいても、自分の意識をゼロ(透明)に保ち、中心軸を確立して、ぶれずに真っ直ぐ立つことです。

焦らず、慌てず、大声を出さず。希望を捨てずに行きましょう。
離れていても、共にありますことを。

2011年、春分の日。
地球と共に。辻麻里子

calendar201103-01.jpg
[印刷用PDFファイル(34.3MB)]

2011/3/3 木曜日

新学期・新年度応援フェアー開催!

春の足音が一歩一歩近づく今日この頃、皆様いかがお過ごしですか?

本日は「新学期・新年度応援フェアー」開催のお知らせです!

3月30日までの期間限定・数量限定で、

新学期・新年度に嬉しい、お得な「Aセット」「Bセット」、
ラミネート加工を施した「2009年版マトリクス」が登場です。

☆「Aセット」は、2011年版カレンダー&ダイアリーのセットが
定価6600円のところを、3000円でお求めになれます。

☆「Bセット」は、スターゲートカレンダーの初登場以来、
2008年〜2011年までの4年間の軌跡の完全保存版!です。

☆「2009年版マトリクス」はワークショップで限定的に
販売しておりましたが、毎回好評につき完売。今回ようやく
ご提供することができました。

フェアー商品の数には限りがありますので、この機会をどうぞお見逃しなく!

(お子様はもちろん、大人の方でも、どなたでもご注文できます)

◎詳しくはインフィニティ88ショップをご覧くださいませ。
http://infinity88.net/shop/

新学期・新年度応援フェアー2011